【情報】ドバイ拠点の取引所PalmexはBTC/ETH/XRPの取り扱いを開始予定

f:id:x68680915:20180115221204j:plain

ドバイ拠点の取引所PalmexはBTC/ETH/XRPの取り扱いを開始予定

ドバイを拠点とするブロックチェーンのスタートアップArabianChainは、投資家がオンラインで様々な暗号化通貨を購入、売買、取引することを可能にするための新しいデジタル資産取引を開始しました。

新しいプラットフォームPalmexは、ArabianChainのDubaiCoin、Bitcoin、Ethereum、Rippleなどのコインを入金して取引することを可能にし、今後追加される予定です。登録手数料はありませんが、ユーザーは、入金、出金、取引するために少額の手数料が請求されます。

ArabianChainの創業者兼CEOのMohammed Alsehliは次のように述べています。

「Bitcoinのような暗号化の評価の急激な上昇とブロックチェーンテクノロジーの急速な進展により、デジタル資産の交換と発行の需要は急激に増加しています。「地域市場は熟しており、安全な環境で売買することができるユーザーフレンドリーなプラットフォームが求められています。

Alsehli氏は、月曜日のドバイで開かれたUNLOCKブロックチェーンフォーラムの傍らにあるメディアに語ったところによると、ArabianChainは「システムへの中断のない現金預金を許可するための2つの選択肢に取り組んでいる」と述べた。

「これは2週間後に完了することが期待される」と述べ「全プラットフォームがフルキャパシティで稼動し、誰もが自分の好きな暗号化通貨を取引できるようになるとのこと。

Alsehli氏によれば、このプラットフォームは約2週間にわたり取引手数料がゼロになるとしており、その後自由な構造が導入される予定だ。

さらに、Alsehli氏は、中東を拠点とする多くの投資家が、米国や欧州などの国に拠点を置くのではなく、ローカル暗号化交換を使用することを好むかもしれない。と述べ

「これは通常、利便性を重視したものだ。「たとえば現地に現存するシステムではなく、現金をスイスに預けたい場合、現地の取引所に入金するのが簡単です」「アラブ首長国連邦に拠点を置くのであれば、1日かそれ以上の時間か、数時間かかっただけだ」

と彼は語った。

Alsehli氏はまた、米国に拠点を置くCoinBaseなどの多くの外国人ベースの取引所は、特定の地域以外の国に拠点を置く人々がプラットフォーム上で取引することを認めていないことにも留意した。

プラットフォーム上で取引される暗号化通信に付加価値税(VAT)が適用されるかどうかを尋ねると、Alsehliは「誰も知らない」と言った。

「仮想通貨」が通貨であるのか商品であるのかについての議論はまだ進行中とのこと。しかし、「今のところそれには適用されていない」と述べ規制当局に確認する必要があると言う。

まとめ

ドバイマネーの流入にはかなり期待できるのでないでしょうか。

今後BTC/ETH/XRPの価格は多少なりとも影響してくると予想しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です