【情報】仮想通貨の下落は韓国の取引規制の警戒が要因か

f:id:x68680915:20180115221204j:plain

仮想通貨の下落は韓国の取引規制の警戒が要因か

12月には、韓国が厳しい規制を導入し、取引所の閉鎖を検討していると言い、Bitcoinの価格は急落した。金東泳(キム・ドンヨン)財務相が政府の見直しを前にして、取引禁止がまだ起こっている可能性が示唆された後、仮想通貨取引は再び下落しています。

キム氏によると、

「憶測を規制する上での意見の不一致はない」とし、匿名の暗号侵害勘定の禁止とバーチャル通貨による収入への課税を含む。彼は、交換を閉鎖することは「生きた選択肢だが、政府の省庁はそれを真剣に検討する必要がある」

と付け加えました。

EthereumやRippleのような他の仮想通貨も今朝15%以上急落しています。

最後の24時間で、リップルは1.84ドルから​​1.35ドルに下落しました。

韓国は、韓国を席巻する仮想通貨流行を抑止しようとしています。李洛淵(イ・ナクヨン)首相は、「深刻な歪曲や病理現象につながる可能性がある」と述べました。

しかし、韓国の人々は取引規制が逆戻りしているとして、その撤去を求める請願は12月28日に大統領庁に提出され、現在20万件を超える署名に達しています。申請書は1ヵ月間に20万人の名前が付いたら政府は正式な回答を求められるとのことです。

この申立ては、仮想通貨の課税利益に合致しているが、取引所を閉鎖するなどの極端な措置には反対しているという。

まとめ

韓国の規制の件もかなり影響していますが、中国も規制に乗り出している状況なので、今後、様々なところらか仮想通貨市場に追い風が吹く状況が続きそうです。

参考:

www.techspot.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です