【仮想通貨】AMB/Ambrosus(アンブロサス)の特徴・価格・将来性

f:id:x68680915:20180119150208p:plain

こんにちは。carrotです。

今回は改めてBINANCE上場銘柄のAMBについて紹介したいと思います。

はじめに

このページでは基本的なAMB/Ambrosus(アンブロサス)について記載されています。

各仮想通貨のページにも記載していますが、技術的な説明や重大なニュースなどは他の記事で紹介していく予定です。ここでは一つの仮想通貨を掘り下げて説明するのではなく、ざっくりと紹介することを目的としています。

AMBとは

f:id:x68680915:20180119154207p:plain

AMBの用途

  • ブロックチェーンを利用することでデータ改ざんが不可能になり、食品偽装を防ぐことができる
  • 農業、漁業、畜産業の全工程で食品の監視ができる
  • 商品の産地,品質,コンプライアンスおよび適切な取り扱いを保証できる

f:id:x68680915:20180119155328p:plain

上記はデモページの様子です。実際の情報は閲覧できない状態ですが、どのように管理されて消費者が確認できるのかはイメージができました。

よくスーパーの野菜売り場なので「無農薬」や「有機野菜(オーガニック)」のようなポップを目にしますが、実際にその工程で栽培されたのか消費者は確認のしようがありません。最近の日本では虚偽情報を載せることはほぼないと思いますが、実際に話題になっていないだけで虚偽の情報が記載されている可能性もあります。

また、飲食店も改ざんできない情報を提供できるようになりますので、飲食店側にもメリットがあり消費者も安心して購入できます。現状、そこまで食品偽装のニュースは出ていませんが、食品の品質を確認できるのは精神面でも良いことだと思います。

AMBの仕様

ロードマップ

公式ブログに文書でロードマップが記載されていますので、ブログのリンクを掲載しておきます。ロードマップは具体的記載されおり本格的に稼働するのは2020年の春になりそうです。

チャート

2018/1/19 16:30時点

f:id:x68680915:20180119163259p:plain

価格(リアルタイム)

まとめ

ブロックチェーン技術は食品業界を大きく変えると言われています。

AMBも食品偽装を防ぎ安全性を高めるという面では将来的にも期待できそうです。

また、公式の「Support & Recognition」に国連の記載もありましたので、どのような形で関わっているか分かりませんが、国連も認知はしていると思われます。

現在価格も70円程なので投資するのもありと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です