【仮想通貨】BCD/Bitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド)の特徴・価格・将来性

f:id:x68680915:20180120142309p:plain

こんにちは。carrotです。

今回は改めてBINANCE上場銘柄のBCDについて紹介したいと思います。

はじめに

このページでは基本的なBCD/Bitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド)の情報(特徴、価格、将来性など)について記載されています。

各仮想通貨のページにも記載していますが、技術的な説明や重大なニュースなどは他の記事で紹介していく予定です。ここでは一つの仮想通貨を掘り下げて説明するのではなく、ざっくりと紹介することを目的としています。

BCDとは

  • Bitcoin Diamond(BCD)は、BTCからハードフォーク(分裂)された仮想通貨
  • Bitcoin Diamondのマイナーは、新しい作業証明アルゴリズムを使用してブロックを作成し、BTCのオリジナル機能に基づいてアカウント転送とプライバシーの保護を継続的に開発し強化する

BCDの目的

  • BTCの高騰による手数料の高さや取引スピード、プライバシー保護の改善

f:id:x68680915:20180120144129p:plain

BCHと同じような理由でBTCからハードフォークされたのがBCDです。

他のBTCからハードフォークされた仮想通貨とは発行数やマイニングアルゴリズムがOPTIMIZED X13(GPU)に変更された以外はほぼ同じ仕様です。

BCDの仕様

ロードマップ

f:id:x68680915:20180120144636p:plain

一応2020年までのロードマップはあります。

最終的な目標を2020年としていますが、その目標が「よりよりビットコインになる」というのはどういう事なのでしょうか…BitocoinからハードフォークされたのでBitocoinを軸にするのは理解できますが、Bitocoinを目指すのはちょっと違うのでは。と思っています。

チャート

2018/1/20 14:20時点f:id:x68680915:20180120142323p:plain

 

価格

まとめ

ちょっとよくわからない部分が多いBCDですが、30か所以上の取引所へ上場しています

ただ、アジア系の取引所が多い印象です。私は投資する予定はありませんが、価格は他ハードフォークされた通貨より発行数のことを考慮しても安いので、気になる人は少額なら投資しても良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です