【仮想通貨】BCPT/BlockMason(ブロックメイソン)の特徴・価格・将来性

f:id:x68680915:20180120155620p:plain

こんにちは。carrotです。

今回は改めてBINANCE上場銘柄のBCPTについて紹介したいと思います。

はじめに

このページでは基本的なBCPT/BlockMason(ブロックメイソン)の情報(特徴、価格、将来性など)について記載されています。

各仮想通貨のページにも記載していますが、技術的な説明や重大なニュースなどは他の記事で紹介していく予定です。ここでは一つの仮想通貨を掘り下げて説明するのではなく、ざっくりと紹介することを目的としています。

BCTPとは

  • 2018年にさまざまな分散アプリケーションを立ち上げる予定のCP(クレジット・プロトコル )
  • CP(クレジット・プロトコル)は、Ethereumブロックチェーンを使用して当事者間の債務とクレジットの元帳を永久に記録するシステム

 

BCTPの目的

  • 人間同士の融資、病気や健康状態の改善、市民や社会の環境への真の信頼を素早く構築する
  • 記録された記録の永続性と信頼性を保証するとともに、参加者によるクレジットの確認や暗号署名による契約者の身元の確認など、特定のスマート契約プロパティを強制することを保証
  • BCPTを使用することでCPを利用することができる

1つ使用例を挙げると「個人間で借金などの情報をイーサリアムブロックチェーン上に記録して管理する」のような使い方です。これまでブロックチェーンを利用したトークンでは現金の送金がメインでしたが、BlockMasonは金銭ではなく「契約」をブロックチェーンに記録させていくことメインとしているようです。

これまでは、現金の形でブロックチェーンに金銭を移動することしかできませんでした。Bitcoinは資金の移転と保管を民主化し、Ethereumは通貨契約の創設と保管を民主化します。クレジット・プロトコルを用いて、BlockMasonは地方分権化された経済における次の論理的ステップを踏襲しました。すなわち、信用創造を民主化します。債務と信用はすでに非常に強力な財務ツールであり、現在はブロックチェーンのセキュリティと柔軟性によって強化されます。ホワイトペーパーより引用

また、CP(クレジットプロトコル)に含まれているUCAC(ユースケース・オーソリティ・コントラクト)を組み合わせることで様々な記録が残せるため、取引相手に最適な債務を決定することも可能になるとのことです。

BCTPの仕様

ロードマップ

f:id:x68680915:20180120170721p:plain

ロードマップに具体的な日時は記載されていませんが、内容は具体的に記載されています。

チャート

2018/1/20 15:50時点

f:id:x68680915:20180120155556p:plain

価格表示

まとめ

BlockMasonはとても面白いですね。価格が落ち着けば投資するのもありだと思います

近い将来、個人間の約束や契約などもEthereumブロックチェーンを利用するよになるかもしれないですね。Ethereumブロックチェーンに書き込まれた情報は改ざんできないので一番良い使い方なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です