【仮想通貨】ARN/Aeron(エアロン)の特徴・価格・将来性

f:id:x68680915:20180119221434p:plain

こんにちは。carrotです。

今回は改めてBINANCE上場銘柄のARNについて紹介したいと思います。

はじめに

このページでは基本的なARN/Aeron(アーロン)の情報(特徴、価格、将来性など)について記載されています。

各仮想通貨のページにも記載していますが、技術的な説明や重大なニュースなどは他の記事で紹介していく予定です。ここでは一つの仮想通貨を掘り下げて説明するのではなく、ざっくりと紹介することを目的としています。

ARNとは

 

ARNの目的

  • ログデータの損失、改ざん、偽造などの可能性を大幅に排除
  • 致命的な事故のリスクを低減することができる
  • 関係当局が安全性を向上させるために、これらの情報は透明性を確保して利用可能にする

ARXを開発したAeronはAeron Registerと呼ばれる世界的に分散した航空記録システムを構築するソフトウェア会社を運営しています。

航空記録システムのノウハウとブロックチェーンの技術を利用して航空安全に取り組むことを目的としているようです。

f:id:x68680915:20180119210155p:plain

航空業界には現状様々な問題があり、特にデータ改ざんを問題視しています。

そこでEthereumブロックチェーンを利用すてデータ改ざんを不可能にすることで解決できると考えているようです。

f:id:x68680915:20180119211159p:plain

また、Aeronはフライトの料金支払いをARNで利用できるようにプラットフォームを構築しています。こちらは2018年6月から利用開始を予定しています。

f:id:x68680915:20180119211944p:plain

ARNの仕様

ロードマップ

f:id:x68680915:20180119212326p:plain

チャート

2018/1/19 21:25時点

f:id:x68680915:20180119212515p:plain

価格

まとめ

航空業界は今後も発展していくと思いますので将来的にも期待できると思ったのですが、他の企業も航空業界にブロックチェーンを利用したいと考えているようです。

ここはで他の企業のプロジェクトは紹介しませんが、ARNが問題視している点を他の企業も問題視していますので、今後は似たようなプロジェクトが出てくる可能性もあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です