【仮想通貨】BRD/Bread(ブレッド)の特徴・価格・将来性

f:id:x68680915:20180121133138p:plain

こんにちは。carrotです。

今回は改めてBINANCE上場銘柄のBRDについて紹介したいと思います。

はじめに

このページでは基本的なBRD/Bread(ブレッド)の情報(特徴、価格、将来性など)について記載されています。

各仮想通貨のページにも記載していますが、技術的な説明や重大なニュースなどは他の記事で紹介していく予定です。ここでは一つの仮想通貨を掘り下げて説明するのではなく、ざっくりと紹介することを目的としています。

BRDとは

  • Breadはシンプルで安全なビットコインウォレット
  • 新たな銀行の在り方を創出BRDトークンによって可能となる分散型の銀行

youtu.be

BRDの用途

  • Breadトークンを通じて、ユーザーはプラットフォーム上の様々な特典にアクセスする事が可能
  • トーク保有者は割引特典や、保有トークン数のランクに応じた様々な機能に無料または限定でアクセスすることができる
  • トークンは、無料配布、アンケートへの参加、Breadを頻繁に使うユーザーへのエアドロップなど様々なプロモーションを通じて獲得をする事が可能
  • BreadトークンはERC-20の基準に則ったトークンとしてイーサリアムのネットワーク上に存在するため、Breadのプラットフォームとは独立して自由に購入、販売、または転送ができる

現在Breadはビットコインウォレットアプリを120カ国以上で利用されています。

今後は、銀行、クレジットカード発行者、決済代行会社を通じて行っていることをユーザーが自分の端末から仮想通貨を活用して実行が可能になる予定です。

スマホ1つで、給与の受取り、公共料金支払い、ローン借入、株式投資、世界中の人々への送金、オンラインショッピングをする事ができるようになるとのことです。

BRDの仕様

ロードマップ

f:id:x68680915:20180121144832p:plain

チャート

2018/1/21 13:30時点

f:id:x68680915:20180121133200p:plain

価格

まとめ

2018年中にはイーサリム等のトークンもウォレットアプリで利用できるようなので、breadも普及していくと思います。将来的には給料や公共料金の支払いにも対応する予定なので、予定通り実装できれば話題にもなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です