【仮想通貨】VIBE/VIBEHub BINANCEへ上場

f:id:x68680915:20180111132909p:plain

こんにちは。carrotです。

1/10にVIBEがBINANCEへ上場しました。

今回はVIBEがどのようなトークンなのか記事にしたと思います。

VIBEとは

世界初の暗号ベースの仮想/拡張現実市場

f:id:x68680915:20180111140430p:plain

  • 何百万人もの視聴者にアプローチするためのプラットフォームをアーティストと教育者に提供する
  • 仮想資産を使用して、初めてVRやARテクノロジーでコンテンツを収益化する
  • 音楽から教育、ゲーム、デートのなど1つのプラットフォームからすべて1つの通貨に集約
  • 仮想世界であなたの創造性を表現し、世界中の他のユーザーと経験を共有することを目的としている

まとめると、仮想現実にプラットフォームを構築してあらゆるコンテンツの支払い、収益をVIBEトークンにまとめる。といったところでしょうか。

ちなみに手数料は無料だそうです。

私もVRに関心をもっていますので、新しいVRプラットフォームを構築するということはかなり期待できますね。現在PCゲームはsteam。PSVRはPSstoreのみとなっていますので、第3のVRプラットフォームをなってほしいものです。

VIBE仕様

パートナー

f:id:x68680915:20180111141052p:plain

現在VR市場を独占している企業ばかりですね。

PCゲーム界隈のHTCVIVEとoculusとの提携は想定できますが、PS4はどのような形で関わっていくのか注目です。

PSVRは現在PSstoreのみで使用されるハードなので、VIBEプラットフォームでも使用できいるようになるのか。というところが非常に気になります。

f:id:x68680915:20180111141549p:plain

あとMicrosoftも最近WindowsMRの端末を続々とリリースしていますよね。

WindowsMRは各メーカーからVR端末を発売していますので、今後もシェアが広がっていくと予想しています。

現在色々は端末がリリースされていますので、共通のプラットフォームが構築されればVIBEの市場も活発化していくと思います。

ロードマップ

f:id:x68680915:20180111142018p:plain

2018年のQ4にはすべてのハードウェアプラットフォームをリリース。とありますので、本格的に稼働するのは2019年1月以降となりそうです。

現在のチャート

1/11 14:25頃

f:id:x68680915:20180111142423p:plain

上場直後は初値から10倍近くの値になりましたが、現在は一旦落ち着いて初値から3倍くらいで取引がされています。

まとめ

VIBEのプロジェクトには非常に注目しています。今後新しいICOでVR事業が発表されるかもしれませんが、VIBEのパートナーを見ても今後も成長していく企業と予想しています。

現在初値から3倍の値で落ち着いていますので、ViBEの購入はおすすめできます。

VIBEはBINANCEで購入できますので、登録がまだの方は登録をおすすめします。

f:id:x68680915:20180109210939p:plain

BINANCEへ入金するには、国内の取引所を経由する必要があります。

登録がまだの方は↓をご覧ください。

kasoutsuukaaa.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です